(1)他業態老人施設との相違点

  • 医師が常駐し、看護師も複数配置され、利用者の健康状態に応じた医療を提供している。
  • 理学療法士、作業療法士が配置され、在宅復帰、健康回復に向けたリハビリを受けられる。
  • 管理栄養士により個々の摂食状況が把握され、滋養管理がなされている。
  • 入所時一時金、月間費用等についてはメリットがある。

(2)ユニット型老健との相違点

  • 老健・4人部屋利用ではユニット型とサービスに若干の相違はあるが、個室費用が不要であり、その点、利用料は廉価である(年間では▲80~130万円)

■各種老人施設の費用等(インターネット情報より取得)

施設種類 サービス付
高齢者向け
住宅
(介護型)
介護付
有料老人
ホーム
グループ
ホーム
介護老人
保健施設
(ユニット型)
介護老人
保健施設
(多床室型)
※東新苑
入所可能な方 自立、要支援、要介護(認知症者は要相談) 自立、要支援、要介護者 要支援2以上 要介護認定者 要介護認定者
居  室 個室のみ 個室のみ 個室のみ 個室のみ 個室、2人部屋・4人部屋
入所一時金 0~数百万円 0~数千万円 0~数百万円 不要 不要
月間利用料 15~40万円 12~30万円 15~30万円 18~19万円 7~12万円
各種料金
入所中の医療費 病院受診が必要、費用は別途掛る 病院受診が必要、費用は別途掛る 病院受診が必要、費用は別途掛る 利用料に含む(歯科は別途要) 利用料に含む(歯科は別途要)
病院入院時の費用等 入院費のほか、施設入居費も必要 入院費のほか、施設入居費も必要 入院費のほか、施設入居費も必要 入院費は個人負担、施設入居費は不要 入院費は個人負担、施設入居費は不要
退院後の入居
可否は不明
退院後の入居
可否は不明
退院後の入居
可否は不明
退院後は、原則入所可能。医療内容次第で受入不可 退院後は、原則入所可能。医療内容次第で受入不可
その他の費用 【特定施設入居者生活介護】の指定のない施設で介護が必要な場合、別途サービス利用料が掛ります 介護利用料のみ 介護利用料のみ 介護利用料のみ 介護利用料のみ